歯科

新時代に求められる理想的な歯科医とは

生涯にわたって健康に生きていくためには、健康な歯を維持していくと同時に、唾液腺や口腔粘膜、歯肉、骨もよい状態に保っていかなければなりません。これまでの歯科医は歯を治療することが主体と思われがちでしたが、これからは、広い視点からサポートできる医療を提供する歯科医が必要です。

そのためには、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士、ケアスタッフなどによる「多職種連携」、在宅の高齢者や病気の人を地域で支える「地域連携」、患者さんの疾患や全身状態により地域の専門クリニックや中核病院に紹介する「病診連携」などが非常に重要になってくるでしょう。

最近では日本でも多職種連携を基盤とした「チーム医療」を推進している歯科大学が増えています。今後は日本においてもまざまな職種や機関と連携することで、歯科医療の幅も広がり、医療の中での歯科の位置づけも変わってくることが期待されます。また、口腔の健康が全身の健康に大きく影響していることは各種研究により明らかにされていますが、多くの人々のニーズの変化を受けて、歯科医療はこれまでの単に歯が痛むからそれを治すという治療から、できるだけ歯を失わないように予防し、そしてさらに美しい口元を維持、再現するという治療に変化していくことは確実です。

かつて、歯科医の主たる役割は虫歯の治療でしらが、高齢化社会の到来に伴って歯周病、さらには歯周病を起因とするさまざまな疾患への対応と歯科医の果たす役割は拡大しています。また歯科医療は、健康寿命を支える要素としてその重要性が増しているだけでなく、スポーツにおけるパフォーマンス向上などにも深く関わることから、今後、歯科医の活躍の場はますます多様化していくことでしょう。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です