英会話

英語の文法について

英語の文法では、日本語よりも、非常に厳密に言葉の順番を気をつける必要があり、日本語では、ある程度の容認度があるとしても、英語では、非常に厳密に語順を守っている様子が伺えるということも、日本人の英語学習者を悩ませている、問題の一つだと考えられます。日本語では、適当に言っても通じるのに、英語では同じ形をしても全く通じないという経験をした人は多いのではないでしょうか?

この原因として挙げられるのが、英語は、語順を厳密に守る言語である、という風に考えられていることが、挙げられます。

このような違いが、なぜ生じるのかということについて、言語文化の違いが、そのような違いを発生させている、というふうに考えている人もいるわけです。つまり、日本語は、主語が省略されたとしても、それを聞いている人が、頭の中で省略された主語を補うような形で理解をしているわけで、一方で、英語は、主語目的語をしっかりとしめし、誰が何をしたのか、何をされたのかということを、具体的に明示しなければならないということは、とにかく大きな違いがある、というふうに理解をしておくと良いかもしれません。

英語の文法は、言葉の順番自体が、文化を表しているという考え方は、決して珍しいものではなく、世界中の様々な言語でこのような違いが観察されているということは、知っておくと良いかもしれません。そのため、日本人が英語を学ぶ際には、その背景にある、言語文化まで、ひっくるめて考えなければならない、ということは、いささか面倒くさいものではありますが、英語を通して、その国の文化についても、より一層、理解を深められるならば、楽しく感じられる部分はあるのではないでしょうか。

オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です