デザインの初期費用

店舗デザインの初期費用

店舗デザインに掛かる費用は簡単に算出することが出来ません。高額にのぼることだけは確かですが、見積もりを出すのが殊の外難しいのです。というのも、パターンが幾通りも考えられるために、詳細が煮詰まるまでは概算すら覚束ないものだからです。店舗のオーナーにとっては、とにかく予算内に収めることが最大の目標です。デザインにどれくらいの額を出費できるかは、開業資金が大きく左右します。開業資金に占める割合は自由に決められるとしても、当然ながら限度があります。その限度内に収めてもらえるように、設計業者に依頼することになるのです。しかし先述したように、業者もすぐには細かな見積りを提示することが出来ません。限度額内に収まるであろうデザインイメージを伝えるに止まります。ただ素材等は相場がはっきりしていますから、初期に確定できることもあります。稀に、クライアントの予算が変動している間に設計業者が受注してしまうことがあります。その場合はクライアントが抱く仕上がりのイメージを聴取して、見積もりを作成する他ありません。しかしその見積りが最後まで有効であるとは限らないため、結局時間と手間だけが掛かってしまい、予算が確定した頃には無駄なコストが発生していることになり兼ねません。やはり開業資金の総額と内訳をきちんと確定した後に、業者に依頼するのが望ましいと言えるでしょう。ただ、早々と予算を伝えてしまうのは、足元を見られるような気がして気後れする人もいることでしょう。そうした神経質な人は、知人の紹介等で業者を選定することをお勧めします。インターネット等で相場を確認するのもよいでしょう。

 

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です