お歳暮

基本的なマナー

目上の人にお歳暮を贈る時は緊張するでしょうが、基本的なマナーを押さえることができれば、必要以上に心配する必要はありません。一般に金券類は避けた方が良いと言われています。また、「踏みつけ」を想起することから、履物も選ばないようにしましょう。また筆記用具、時計といった品は間違って選ばれやすいのですが、「勉強しなさい」とでも言わんばかりのメッセージと受け止められかねないため、本来は避けるべき物品とされています。
ところでお歳暮と言えばハムが人気ですが、それは何故でしょうか。お歳暮の歴史自体は中世に始まるものですから、その時代にハムが存在するわけもなく、理由ははっきりしているように思われます。お歳暮の時期がやってくると、メディアにはハムのメーカーの広告が次々と掲載されたり流されたりするようになります。もちろんそれ以外にも洋菓子等のアピールが存在しますが、真っ先に思い浮かべるのはハムでしょう。ハムのメーカーによれば、大別して3つの理由が考えられます。一つは、戦前、ハムは高級品だったからです。高級品を贈ることで、感謝の気持ちをより深く伝えられると考えられてきたのです、二つ目は、保存期間が十分に取れるからです。肉の中でも腐りにくいものとして知られているのがハムです。三つ目は、子どもにも喜ばれるからです。子どもは肉の加工品を好む傾向にありますから、贈り先の家族全員に喜んでもらえると期待して、贈られているのです。
ではお歳暮の品として売りに出されているハムは、通常品と異なるのでしょうか。実は、形状、品質、実用面で、違いが存在するのだそうです。よく見られるのがブロック状のハムですが、通常品よりも丁寧に造られているのだそうです。包装もきちんとした化粧箱に入れられていますし、より高級感を醸し出しています。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です