あくびは深呼吸のようなもの

犬のあくびは眠いときばかりに出るわけではないそうです。カーミングシグナルである可能性があるそうです。ストレスや不安を感じたときに、あくびをして、緊張感や高ぶる気分を落ち着けようとしているそうです。首をかしげている時は何か悩んでいるようにも見えますが、これは詳しく解明されているわけではないそうですが、音に反応しているときの仕草だそうです。人の声や他の犬の鳴き声、音のなる犬のおもちゃなど、そういった気になる音を首の位置を変えることによって捉えようとしているそうです。音のする方向、種類などを特定しようとしているそうです。前足を舐めている犬は、暇すぎる犬だそうです。何もやることがないから足でもなめとくかという感じだそうです。人間の赤ちゃんの指しゃぶりのようなもので、何もすることがないと目の前にあるものをとりあえず舐めとくといったクセのようなものだそうです。寂しい気分を紛らわせているのかもしれないそうです。このような仕草をしていたら遊んであげてもいいかもしれません。仰向けになってお腹をみせているのは、おなかをさわってと言ってるそうです。おなかは動物にとって一番弱い場所だそうです。そのため犬は気を許した相手にしかおなかはみせないそうです。無防備にごろんとなっておなかをみせているときは、安心して甘えている状態だそうです。相手を心から信頼して心を許している状態といえるそうです。犬同士でおなかを見せるのは喧嘩を避けるためだそうです。弱点を見せて戦う気がないことをあらわすそうです。小心者の犬などの捨て身の作戦といってもいいそうです。上半身を伏せてお尻を高くあげてしっぽを振っているのは、ブレイングバウといって、「遊ぼう」と相手を誘っているのだそうです。相手が犬だったらすぐに遊びが始まるそうです。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です