糖尿病

糖尿病のスクリーニング検査

糖尿糖というのは、尿に漏れ出てくるブドウ糖のことだそうです。

ブドウ糖というのは、生命活動のエネルギー源だそうです。わたしたちの血液中には、血糖と呼ばれるブドウ糖が含まれているそうです。

血糖はインスリンの働きで分解されて、エネルギーに変わるそうです。残ったものは二酸化炭素と水になって体外に排出されるそうです。通常は、尿から糖が出るということはないそうですが、身体に異常があって、血糖値があるレベルを超えると腎臓から糖が尿に漏れ出してくるそうです。

腎臓ではブドウ糖は糸球体でろ過されるのが普通だそうです。そして近位尿細管でほとんど再吸収されるそうです。この尿の中の糖を測定するのが尿糖の検査となるそうです。基準値は陰性だそうです。通常は尿糖が陽性ということはないそうです。これが陽性の場合は、血糖値が高い、腎臓での再吸収の閾値が低いということなどを示しているそうです。ただし、この検査では正確な血糖値の推定はできないそうです。これは糖尿病のスクリーニング検査としてよくおこなわれるということだそうです。尿糖があるかどうかというのは、試験紙で調べるそうです。これを定性検査というそうです。

健康診断の結果等でも将来糖尿病にかかるかどうかのリスクが分かるそうです。

糖尿病のスクリーニングでは、食事の影響を受けやすいということで、検査前の飲食には注意が必要だそうです。尿糖が陽性の場合は、腎性糖尿を除いて糖尿病あるいは内分泌疾患などによる二次性糖尿病が疑われるそうです。糖尿病の場合には適切な食事と適度な運動を心がけるようにしないといけないそうです。

空腹時の尿糖が陰性だとしても、食後の尿糖が陽性ということもあるそうですので注意をする必要があるそうです。

基準値を外れたときの主な病気として、他にはクッシング症候群、先端巨大症、腎性糖尿などがあるそうです。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です