老化を防ぐビタミンEについて

投稿者:

ビタミンEというのは脂肪組織、筋肉、肝臓、骨髄、子宮など多くの人体組織に存在する脂溶性ビタミンだそうです。トコフェロールという別名があるそうです。α、β、γ、δの4つのタイプがあるそうです。その中でもαトコフェロールというのは、広く分布しているそうです。若返りのビタミンとも呼ばれているそうです。細胞の老化を防いで生活習慣病を予防するということと、血行を促して、性ホルモンの成分や分泌にも関わっているそうです。細胞を含む細胞膜は、多価不飽和脂肪酸を多く含むリン脂質で構成されているそうです。不飽和脂肪酸は酸化しやすい性質があるそうです。リン脂質が酸化すると過酸化脂質が生じて細胞膜が傷つけられてしまうそうです。その結果、さまざまな病気を引き起こしてしまうそうです。ビタミンEというのは、強い抗酸化作用があるそうです。有害な過酸化脂質の生成を防いで、細胞の老化を防ぐそうです。ビタミンEには血液中のLDLが酸化されて酸化LDLに変性するのを防ぐ働きがあるそうです。動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの予防が期待できるそうです。末梢血管を広げて血行を促す働きもあるそうです。冷え性や肩こり、頭痛、腰痛を改善するそうです。ビタミンEは性ホルモンの生成や分泌にも関わっているそうです。性ホルモンというのは、脳下垂体からの指令によって分泌されているそうです。ビタミンEは脳下垂体に働きかけてホルモン分泌を促すそうです。女性の場合は月経痛や月経不順などが改善されるそうです。男性の場合は、精力減退の改善効果が期待できるそうです。植物油やナッツ類に多く含まれているそうです。とりすぎには注意が必要だそうです。不足すると生活習慣病のリスクが高まるそうです。