キッチンカーは新鮮な印象が大事

投稿者:

キッチンカーと実店舗を連携する場合、キッチンカーに高機能の保温コンテナなどを装備するなど、食事が時間が経っても味を落とさない工夫も必要になります。実店舗と連動すると、衛生面の安全性が上がると言われています。作業効率も上がるため、キッチンカーと実店舗を連動する人も少なくありません。軌道に乗ってきたら、アルバイトを増やして、より効率的な経営を目指すのもいいと思います。また、時間を有効に使えるということで、味や素材に拘ったり、新しいメニューに挑戦もできます。機動力に優れているキッチンカーは、実店舗の宣伝にもなってくれます。多くの人に魅力を伝えることもできます。キッチンカーは次のステップアップとなるだけでなく、経営拡大につながります。メニューは、定番と新しさをミックスさせたものを考えましょう。お客様にイメージしてもらいやすいからです。定番と新しさのバランスを取るという例として、おむすびとカフェドリンクの組み合わせといったものがあります。おむすびもカフェドリンクも単品で考えると目新しさはありません。でも、2つを組み合わせると意外性を感じます。また、おむすびの具材はいろんなバリエーションを考えることができます。ツナマヨネーズにオクラといった馴染みの深いもの同士を組み合わせて、味の。最近は、キッチンカーがどんどん増えているので、他の店との差別化は絶対に必要です。また、キッチンカーは低予算で始められるからということで、安易に始めてしまってはいけません。最初にコンセプトをしっかりと練ってから、キッチンカーづくりをすることが大切です。収入も大切ですが、好きなことを楽しくやるほうが長続きします。